SIMフリー端末をお持ちなら格安SIM利用が通信費用節約できてお得

SIMフリー端末があるなら格安SIMだけ用意すれば使える

もしSIMフリー端末を持っておりデータ通信、音声通話が使えるようにしたい場合は格安SIMだけを準備すれば使えるようになります。

 

また格安スマホプランの中に自分の使いたい端末がない場合は中古などで欲しい端末を準備して格安SIMだけ契約すればデータ通信、通話もできるようになります。

 

格安SIMの特徴

  • 端末費用が通信費用に上乗せされない
  • 自分の好きな端末が使える
  • データSIM、通話SIMと利用用途によってSIMを選べる

格安SIMの利用の注意点

格安SIMを選ぶ上で注意したいのがSIMサイズです。またMVNOキャリアが提供しているSIMが使いたい端末に対応しているのかも大きなポイントになります。

 

SIMが端末に対応しているかは契約する通信事業者の公式サイトに記載されているので契約する前に必ずチェックするようにしましょう。

 

以下ではSIMサイズについて説明をしていきます。

 

SIMには3種類のサイズがありスマホ端末によりマッチするSIMサイズが変わってきます。SIMサイズを確認するには取り扱い説明書、SIMを差し込む場所を目視すればわかります。

 

SIMサイズ
標準SIM サイズ25mm×15mm
最も大きいSIMサイズとなっています。
マイクロSIM サイズ15mm×12mm
スマホの一般的なサイズがマイクロSIMです。
ナノSIM サイズ12.3mm×8.8mm
iPhoneなどに利用されている最も小さいSIMです。

 

格安SIM選び3つのポイント

  • 利用用途をはっきりさせる
  • 回線の種類を決める
  • オプション項目をチェックする

 

(1)利用用途をハッキリ

データ通信専用にするのか、音声通話も利用するのかで契約するSIMが変わってくるからです。また月々の通信量、通話量によっても契約するSIMプランが違ってくるので格安SIMに切り替える前に今までの利用量を調べておく必要があります。

 

(2)回線の種類

データ通信には「3G回線」「LTE回線」といったように低速通信、高速通信と分けられています。当然ですが低速である3G回線の方が料金は安いですが通信速度は遅くなります。今まで大手キャリアのLTE通信(4G)を使っていると不満に思うかもしれません。

 

また音声通話回線も「3G回線」「IP電話回線」と分けられているプランがあります。IP電話回線の方が料金は安いですが、MNPができないといったデメリットも存在しています。

 

(3)オプション項目のチェック

格安SIMプランの中にはSMS対応、非対応があります。SMSを利用する方はオプションでSMS対応のSIMを選ぶ必要があります。またSIMには「データ通信SIM」「音声通話SIM」があり、前者はデータ通信だけしかできません。通話は不可能。

 

音声通話を利用するのであれば必ず「音声通話SIM」を選ぶ必要があります。

 

安いMVNOがわかる!格安スマホ・SIMランキング

自分の好きなSIMフリー端末を用意する方法

通信事業者の提供するSIMフリー端末で自分の欲しい機種がない場合は自分で準備する必要があります。

 

SIMフリー端末を購入する方法としては…

 

  • Amazon、楽天で購入する
  • SIMフリースマホ専門店で購入する
  • Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入する

 

Amazon、楽天でも多くのSIMフリー端末が販売されています。またSIMフリー専門店、家電量販店でも購入することができます。

 

人気のiPhoneはApple Storeで正規にSIMフリー端末を注文することもできます。ただし端末料金は高いです。