スマホの通話料金の節約ができるIP電話・通話アプリ

スマホ通話料金を節約するならIP電話・通話アプリ

現在の3大キャリアは通話カケホーダイといったプランが併設されるようになり他キャリア、固定回線にも定額で話し放題である。しかし、通話をあまり使わない方には定額料金は高くなってしまう。特に格安スマホ・格安SIMへ移行を考えている場合は通話料金は無料通話などもなく30秒/20円が基本料金に加算されてくる。

 

3大キャリアの通話カケホーダイの料金体系は2700円となっている。MVNO通信サービスの通話SIMを使って電話をすると約1時間弱の通話をすると2700円に到達してしまう。

 

つまり毎月1時間以上通話をする方にとっては3大キャリアを使っていた方がお得となる。

 

しかし、通話アプリ・IP電話を活用することによって通話料金を節約することができる。上手に活用すれば格安SIMであっても通話料金を抑えることができて結果的に3大キャリアでかかる通信費よりも節約に繋がります。

 

まず、IP電話・通話アプリのメリットやデメリットを知っておくことが大切。

 

通話アプリのメリット

  • 上手に活用すれば通話料金を無料にできる
  • アプリをダウンロードすればすぐに使える
  • 音声品質も悪くない
  • アプリの種類が豊富

通話アプリのデメリット

  • 相手も同じアプリを入れていないと使えない
  • 固定電話に通話することができない

IP電話のメリット

  • 固定電話に通話することができる
  • 通話料金を節約することができる。
  • 専用電話番号も取得すること可能
  • 同じIP電話アプリ同士なら通話料無料になるケースもある

IP電話のデメリット

  • 登録が少し面倒
  • 月額基本料がかかるアプリもある

IP電話・通話アプリも全てが万能といったわけではないが自分の通話状況を把握して上手に活用することで通話料金を大幅に節約することが可能です。

 

特に格安SIMを使う場合は無料通話分や通話し放題といったプランはないのでIP電話・通話アプリを活用しないと通話料金で損をする可能性が高くなります。

 

また通話アプリは電話以外にもチャット機能や独自機能などを盛り込んでいるので使い勝手も良いのがメリットと言えます。