通信費を節約する方法

サービス・契約を見なおせば月額5000円以上も通信費を安くすることが可能じゃ!

 

docomo、au、softbankなどの各キャリアのスマートフォン料金に加えて自宅での光ネット回線など意外とバカにならない金額で生活費を圧迫しています。

 

ネット回線は契約内容も複雑で各携帯キャリアスタッフ、家電量販店スタッフの言う通りに契約をしていれば月額にして通信費だけで1万円以上も支払いしていること方が多いはずです。ましてやヘビーユーザーでない限りパケット通信量なども定額にする必要なんていらないです。

 

ここでは私が実践している通信量の節約術をはじめ、スマートフォンの通信費節約方法、ネット回線の節約方法などをお届けしています。

通信費を節約する方法【項目別コンテンツ】

スマートフォンの通信費を節約する方法

docomo、au、softbankの各携帯キャリアで契約をしていると基本料金+データ通信定額パック+通話料金といった形で月額6千円〜1万円前後の通信費になるケースがほとんどだと思います。特にインターネット通信をほとんどしない方にとってはデータ定額プランはかなり邪魔な存在。

 

徹底的にスマホの通信節約をするなら格安スマホやデータ・通話SIMを使いdocomo、au、softbank以外の通信キャリア(MVNO)が提供する回線を利用した方が圧倒的に通信費を節約することができます。

 

MVNO通信サービスによって料金や制限も違いますし、ユーザーのスマートフォン利用用途によって契約するSIMも変わってきます。

 

ここではSIMフリー基礎知識、格安スマホ・SIMフリー端末、利用用途ごとのMVNO通信サービスの選び方などをお届けします。

 

 

ネット回線の通信費を節約する方法

自宅のネット環境を作ろうとすれば「光回線」「ADSL」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。確かに一般的な方法だと思いますが、通信費は回線料金+プロバイダ料金がかかります。平均して5000円前後が相場ではないでしょうか。ちょっと高いですよね。

 

しかも宅内でしかネットに繋ぐことができません。そこで通信費の節約もできて宅内、屋外でもネット環境を作ることができるモバイルデータ通信サービスをお届けしていきたいと思います。

 

Xi(クロッシィ)やソフトバンクのデータ通信、Y!MobileなどモバイルWi-Fiも充実していますが、サービス、料金、制限ともに一歩抜き出ているWiMAXが一番。

 

通常のネット回線とWiMAXの比較やお得なWiMAXプロバイダなどもお届けします。

 

 

通話料金を節約する方法

LINE、TwitterといったSNSで連絡を取り合うことが多くなり通話する頻度は昔よりも減ったかもしれません。でもたまには長電話する時だってあります。また連絡は電話が主体の人だっていますよね。

 

長時間電話をすると無料通話分だってすぐに消化してしまい、通信費が上がってしまいます。

 

ここでは電話の節約術として活用されるIP電話・通話アプリについてお届けしていきます。特に格安スマホや格安SIMでスマートフォンを運用する方はIP電話は必須です。

 

格安スマホ、格安SIM、WiMAXプロバイダのサービス説明

格安スマホ+SIMセットサービス

今持っている携帯、スマホは解約して新たにスマホ+格安SIMで通信費の節約をしたい方向けです。もしくは2台目スマートフォン、タブレットを検討している方にもピッタリのサービスです。

 

格安SIMサービス

SIMフリー端末を持っている。もしくは2015年5月の携帯キャリアSIMフリー義務化によってSIMロックされているスマホを解除してMVNOと契約して通信費を節約したい方に最適なサービスです。

 

お得で安いWiMAXプロバイダ

キャッシュバック、タブレットプレゼントといった特典を毎月行っているWiMAXサービス。複数プロバイダは存在していますが「お得」「料金の安さ」にこだわっているプロバイダをピックアップしました。